├─
トップページもどる

└─ あっち亭こっちのページ

 



├─
あっち亭こっちブログ


├─ あっち亭メール

└─
あっちのお話
   |
   ├─ 『落語と将棋の関係は』
   |
   ├─
五代目 桂文枝
   |

   └─ 「浪曲は一回きけば充分だ」と
       言わせないためにも。
       --- 木馬亭の浪曲定席を見て


 

TopPageあっち亭メールBack

 

 




 

    社会人落語家 あっち亭こっちです

    


 あっち亭こっち

 51歳のうらぶれた会社員。出版社勤務です。ミスが多くて上司に叱られてばかりいます。

93年から97年に、鶴瑛と浪曲の玉川福助の二人会、「まだまだ会」を15回、催しました。会のたびに鶴瑛さんとケンカをしていました。

8年前、「まだまだ会」のゲストで小金井芦州に出演していただいたおり、芦州先生から「二人とも田舎の火事でいずれ大家(たいか=大火)になる」とご祝儀をつけていただきました。芦州先生のご冥福をお祈りします。

さて、私は昔から落語や講談、浪曲が好きでした。中学時代は落語家になりたかった。高校時代はプロレスラーか東京スポーツの記者になりたかった。

鶴瑛さんと酔々亭珍太さんの高座に刺激されて、4年前から落語を始めました。高座歴20回。得意ネタは「お血脈」「堀のうち」。

 落語はうまくできていて、私の落語でも笑ってもらえる場合があります。妻と娘と息子がいます。妻に叱られ続けて23年。ケチで小心です。